シミトリーの副作用・白斑は大丈夫?全成分を調査!

薬用シミトリーは肌に出来たシミを美白成分により消す働きに期待ができるジェルです。オールインワンジェルですのでシミトリー1個でカンタンにケアができ、効果も高いことから口コミでも好評です。

そんな美白化粧品で考えられるのが副作用ですよね?

シミトリーでは無いのですが、昔、美白化粧品を使って白斑の副作用が起きたという事件があったのをご存知でしょうか?

美白効果が高すぎて肌に白斑が出来てしまったといった被害なのですが、実際に起ったら怖いですよね?

そこで薬用シミトリーの効果や安全性や副作用について調べてまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

白斑が起きる成分は配合していないので安全に使える!

 

結論からいうとシミトリーには白斑が起こる心配のある成分は含まれていませんでした。

以下がシミトリーの全配合成分です。

有効成分:アルブチン

その他の成分:フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

白斑が起きる可能性があると言われているのが「ハイドロキノン」という成分です。

この成分は漂白剤とも呼ばれるくらい美白効果が高い成分で、肌への刺激も高く、安全性が低いのが特徴です。
 

ハイドロキノンを配合した化粧品を使ってしまうと以下のような副作用が起こると考えられています。

 

  • 肌のヒリヒリとした痛みや痒み
  • 肌の湿疹や色素沈着
  • 白斑
  • 発がん性

 

白斑やひどくなると発がん性も起こるという危険性のある危険な成分ですのでハイドロキノンが配合された化粧品は使用しないようにした方が良いでしょう。

 

シミトリーに配合されているのはハイドロキノン誘導体と呼ばれる成分で、ハイドロキノンほどの美白効果はありませんが安全性が高く緩やかに効果を発揮する成分です。

ハイドロキノン誘導体は別名アルブチンとも呼ばれています。

副作用の報告もありませんので安心して使えるかと思いますよ

 

シミトリーは安全性が高いの?無添加成分にも拘りが!

 

シミトリーは医薬部外品となっています。「薬用」といった表示が医薬部外品の証拠です。

医薬部外品は、厚生労働省が効果を認めた成分を一定量配合した化粧品のことです。医薬部外品は人体に悪影響を与えない事が必須とされていますので、このことからも他の美白化粧品に比べて安全に使用する事が可能です。

 

また、シミトリーは7つの無添加成分で作られています。

  • パラベン
  • アルコール
  • 界面活性剤
  • 香料
  • 着色料
  • 鉱物油
  • シリコーン

といった7つの添加物を配合していないので、肌にピリピリ感やカサカサ感といった違和感を、感じることなく使うことができます。

無添加素材ですので、乾燥肌や敏感肌やアトピー肌などの肌が弱い方でも、安心して使うことが可能です。

 

シミトリーを使ったら乾燥するといった口コミが!?

 

シミトリーの口コミを調べていると、「シミトリーを使ったら肌が乾燥したように感じた」といった口コミを見つけてしまいました。

購入前にこのような悪い口コミを見てしまうと本当に大丈夫なの?と心配になってしまいますよね。

シミトリーを使ったら乾燥するといった口コミの真相について解説していきたいと思います。

 

結論としては、シミトリーは浸透力が高いために乾燥を感じてしまったのではないかと思われます。

 

シミトリーの保湿成分は「球状ラメラ構造」といった肌の構造に近い作りになっています。これはシミトリーの特徴の1つで、日本で唯一の独自処方となっています。

成分の浸透力が高く、すぐにシミトリーが浸透してしまったので、肌にしっとりとした潤いを感じられずに乾燥したと感じてしまったのだと思われます。

実際にシミトリーを使った方で乾燥を感じた方は意外と多く口コミでも低評価になっていました。

 

しかし、実際には乾燥をしてしまっているわけではなく、肌の内部はしっかりと保湿されていますのでご安心ください。

シミトリーのテクスチャはサッパリとしたサラサラとした仕上がりです。

 

そこでも保湿効果が物足りないと感じたのであれば、シミトリーと一緒に乳液や保湿クリームと併用して使うと良いかと思います。

 

シミトリーの副作用まとめ

シミトリーは敏感肌やアトピー肌でも安心して使える7つの無添加で作られており、白斑の副作用の心配もない作りになっているということが分かりました。

 

超乾燥肌用のオールインワンジェルを探している方にはシミトリーはおすすめできませんが、脂性肌の方やベタベタせずにサッパリとした使い心地のオールインワンジェルを探している方には、シミトリーはおすすめできるでしょう。